ブログ
BLOG

【心を届けるハグニケーション7】聴き上手のススメ ~中部経済新聞に連載中~

2012年12月19日
テーマ
中部経済新聞コラム

こんにちは

中部経済新聞のコラム

あと3回で終了の予定でしたが

もう少し延長になりそうです音譜

2月ごろまで

お付き合いくださいね

今日のテーマは聴くことについて

夫婦でよくある会話が出てきますよ~チョキ

日本ハグ協会

第7回  「聴き上手のススメ」

パートナーの話、 たまにはじっくりと聴いていますか?ニコニコ

「聞く」とは、自然と耳に入ってくる音や声。

「聴く」とは、耳を傾け注意して聞き取ること。

この文字を分解してみると 「十分に目と耳と心で聴く」とあり、 表情や声のトーンや 非言語メッセージまで受け止めることです。耳

人は自分の話しを聴いてほしいという 渇きにも似た欲求を持っており、 「話す」ことで自分の考えをまとめたり、 気づきを得たり、すっきりしたりします。

そのため、話を「聴く」ことのできる人は、 人との信頼関係を築くことが 得意な人も多いようです。

しかし、残念ながら私たちはよく 「本当に私の話、聞いてるの?」 というシーンによく出会います。

では、なぜ私たちは話を ちゃんと聞くことができないのでしょう?耳

  私たちの意識は、 聴くことよりも何を伝えるかに

集中してしまいます。

また、話すスピードの

約30倍の速さで考えるため、 話しを聞きながらよそ事をしたり

考え事をしてしまうのです。 現状は話したい人ばかりで

聴いてくれる人がいないのです。

しかも、親子や夫婦など 関係や歴史が長ければ長いほど、 「はいはい、いつもの話ね」 と話を先回りして結論や答えを言ってしまいます。 また、いつの間にか自分の話にすり替えてしまったり、 意見を言いたくなってしまうのです。

30代から40代は、夫は仕事で働き盛り、 妻は子育てやご近所づきあい、 親は高齢となり、たくさんの役割があります。 先日もある夫婦がこんな風に話していました。

妻「夫は私の話を聞いてくれない、 すぐに自分の意見を押し付けてくるしょぼん

夫「せっかくアドバイスしてあげたのに、 怒り出してしまったむっ

女性は、学校、PTA、家事、育児、 子どものけんかやトラブル、 学校行事など様々な役割があります。

仕事で日報を書くように、 あったことを、ただ「聴いてほしい」のです。

しかし、男性は問題解決能力が高いため、 アドバイスをしたくなります。

しかし、細かい状況を分からない夫に いきなり意見を押し付けられると、 「聴いてくれない」と感じます。

一方、夫は世間に出て仕事をすれば、 妻にはわからない問題課題もたくさんあり、 年末ともなればたくさんの忘年会で

体もお疲れ気味です。

疲れて帰ってくると

「あなた、聴いてよ」となります。

年末までに済ませたい仕事のことを ゆっくりと考える時間もないまま、 出来る限りのアドバイスをすれば 「聴いてくれない」と叱られてしまいます。

週に一度でも時間をとって

夫「話したいことある?ニコニコ

妻「今、話してもいい?ニコニコ

というお互いのちょっとした 思いやりが働き盛りのふたりにとって、 大切なことですね。

先入観を持たず、さえぎらず、口を挟まず、 最後まで聴くことはとても難しいことですが、 話しを聞いてもらえた人はとても満足します。

聴き上手のポイントは、共感力です。

「うんうん(相槌)」

「それで?(うながし)」 「そうか、辛かったんだね(繰り返し)」

相手が自分の感情を話したとき、 それを繰り返すと共感が生まれます。

やさしい笑顔もお忘れなく。

はぐはぐ。

最新記事

2018年8月10日
2018年7月6日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る