ブログ
BLOG

心を届けるハグニケーション12 「はぐよ日本縦断の旅」

2013年01月31日
テーマ
中部経済新聞コラム

こんにちは^^

久しぶりにはぐよのことを書きました

日本ハグ協会

心を届けるハグニケーション12 「はぐよ日本縦断の旅」

ちいさなぬいぐるみ「はぐよ」は、 世界にたった一つの

オリジナルぬいぐるみとして 3年前に誕生しました。

クマちゃんがモデルの「はぐよ」は、 小さな両手を一生懸命広げて立っていて、 まさに日本ハグ協会を象徴する キャラクターなのです。

多くの人に抱きしめてもらうようにと 可愛らしく

そして丈夫に作ってもらいました。

「はぐよ」は、 人から人へと手渡され 日本中を旅し続けています。

「はぐよ」の肩にかけられた 赤いバックの中には 「あなたの大切な人にハグしてね」 というメッセージが書いてあり、 ぬいぐるみを受け取った人は、 「はぐよ」と共に、 そのミッションも受け止めてくださり、 大切な人とのエピソードを送ってくださいます。

一年目は関東で

養護施設にも行きました。

東日本大震災の時、 数十人の子供たちを 数人の職員さんでお世話している その施設で震災が起き、

震えながらはぐよを抱きしめている 幼いお子さんの姿を見て、 全員を同時に抱きしめられない やりきれなさを実感したと 施設の方が話してくださいました。

また、抱きしめたくても抱きしめる子どもに 恵まれない人がいるということ、

親に抱きしめられなかった 子ども時代を過ごした人が

いるということも知りました。

親に抱きしめてもらうという 当たり前の子ども時代を過ごせず、 施設で暮らした渡井さゆりさんは、

いま結婚して 愛くるしいわが子を抱きしめながら

「私は愛されていなかったわけじゃない、  親はどう表現したらいいのか  わからなかっただけだと  「はぐよ」は教えてくれました」

とメッセージをくださいました。

彼女は、いま大人になって 施設を出た人たちが集まれる場所 「日向ぼっこ」を運営していらっしゃいます。

日向ぼっこにおじゃました時、 彼女に「なにか私にできることはありますか」 と質問したら

「私たちのことに関心を持ってほしい」 と話してくれました。

どう接したらいいのかわからないではなく、 関わることの大切さも そのとき実感しました。

ぬいぐるみを受け取った人が 「何これ?」「おもしろい!」 という顔をするのをイメージしてスタートした 「はぐよ日本縦断の旅」でしたが、

何も話さないぬいぐるみと そこに真剣に関わってくださった方々から、 私は大切なことを沢山教えていただきました。

=======

自分で書いてみて

いかに、まわりの方に

教えていただくことが多いのか

実感するとともに

改めて

メッセージを発信することの

大切さについて実感しています

はぐはぐ。

最新記事

2018年7月6日

テーマ


月別アーカイブ


このページのトップに戻る